妊娠中ママ・育児中ママ限定の参加型育児サイト

マタニティ用品BABY用品
KIDS用品出産準備品
着メロポイント
クレジットローン

TOP


生後6~7ヶ月の成長目安


◇運動能力の発達
ママが手で支えたり、何かに寄りかからせると、不安定ながら一人でお座りをしてられるようになります。最初は背を丸めて前に手を着く格好ですが、だんだん一人で長い時間座ってられるようになります。体全体のバランスもよくなり、例えばお座りの姿勢から急に横に倒すと倒した側の手が体を支えようとしてヒョイと伸びます。これはバランスを上手に保つための防衛的な反応。これまで赤ちゃんには出来なかったことで、大脳が新しく獲得した、より高次元の動作です。とは言えお座りが完成するのは普通は8~9ヶ月頃です。この時期のですとまだ横にグラリと倒れたりしますからソファ等に座らせた時は目を絶対に離さないようにしましょう。
仰向けで足を伸ばして持ち上げる姿勢も得意になり、この体勢からコロコロと寝返りする子も出てきます。寝返りは出来る時期が幅がありますが、この頃になると殆どの赤ちゃんが出来るようになります。

◇手の発達
手先は器用になり顔にハンカチを乗せると片手でとることも出来るようになります。
またこれまでは、『持つ』と言う感じだったのですが、おもちゃなども『掴む』と言う感じになってきます。けれど指先のコントロールする力はまだ、未熟でパンやビスケット等は掴んでつぶしてしまいます。いわゆる『熊手掴み』の時期です。
またこの頃は左右の手を分けて使うことも可能になります。早い赤ちゃんですとこの時期に右側に置かれたおもちゃは右手・左側に置いてあるおもちゃは左手でとるという風に左右の分化が始まるでしょう。

◇人見知りと感情表現
6ヶ月頃から1歳前後までの間は、殆どの赤ちゃんが何らかの形で人見知りをするようになります。知らない人に抱かれていると泣くと言うはっきりしたものでなくとも、何となく妙な顔をする・逃げようとしたりするでしょう。
これもりっぱなひと見知りで赤ちゃんがママと知らない人の区別がついてきたと言うことです。



©2004
BABYPARA