妊娠中ママ・育児中ママ限定の参加型育児サイト

マタニティ用品BABY用品
KIDS用品出産準備品
着メロポイント
クレジットローン

TOP


生後9~10ヶ月の成長目安


◇体の成長と運動能力の発達
運動が活発になり、丸々した赤ちゃん体型から徐々にスマートになってきます。痩せたのではと心配するママもいますが、この時期の体重増加は1日にせいぜい7~8g程度。少しずつでも増えていれば心配はありません。
この頃になると殆どの赤ちゃんが何かにつかまって立てるようになります。はいはいの姿勢からママの膝や台になるような低い物によじ登り、お尻をあげて立とうとします。いきなり高い物につかまるわけではなく、はいはいの姿勢から徐々に進行していくわけです。寝かせて置いても一人で起きあがって座り、移動し、何かにつかまって自力で立とうとします。早い赤ちゃんではそのまま2・3歩歩くこともあるでしょう。ママはますます赤ちゃんから目を離せなくなります。ただ、つかまり立ちも個人差が大きいもので、中にはお誕生近くになってからやっと、つかまり立ちをした!と言う赤ちゃんも少なくありません。これまでの発育の経過が順調なら多少遅くても心配はありませんので、よそのこと比較をして気をもまないように。
またはいはいを殆どしないでつかまり立ちを始める赤ちゃんもいます。こうした発達の飛びも珍しいことではありません。これで足が弱くなると言うこともありません。

◇捜索行動
この時期の赤ちゃんは、探索行動が盛ん。移動した先々で目にふれた物に手を伸ばして、いじり、口に入れ、ひっくり返します。一見いたずらのように見えますが、赤ちゃんは旺盛な好奇心と探求心から、こうしたことをしているのです。ですから、しかるのは禁物。
ママには困ることでも赤ちゃんの成長の為には欠かせない行為なのです。くずかごをひっくり返したり、カセットテープを全て引っ張り出したりと言うこともしょっちゅうですが、おお目に見てあげましょう。

◇知的な発達
感情の表現も更に豊かになり、嬉しいことがあればニコニコ、気に入らないことがあるときは激しく泣いたりします。嫌いな物、いやな物をははっきり意思表示するようになり、わがまま印象を持つママもいるかもしれませんね。でもこれも赤ちゃんの知的発達の一つの段階です。また、経験などに対する記憶能力も育ってきます。おもちゃをちょっと見せて隠すと一生懸命探したりするのもその一つです。

◇言葉の発達
言葉の理解力も更に深まって『駄目!』等と言うとちょっと出しかけた手を引っ込めたりします。単語の獲得の時期も始まったわけですから、そろそろ絵本などを一緒に見てもいいでしょう。



©2004
BABYPARA