妊娠中ママ・育児中ママ限定の参加型育児サイト

マタニティ用品BABY用品
KIDS用品出産準備品
着メロポイント
クレジットローン

TOP


生後11ヶ月~1才の成長目安


◇体の成長と運動能力の発達
運動機能は、ますます発達してきますが、この頃はかなりそれぞれの赤ちゃんで『出来ること』が違います。お尻をあげて高ばいする赤ちゃんがいると思えば伝い歩きが好きな赤ちゃん、また早い赤ちゃんだと立って歩く子もいます。けれど、いずれはみんな歩けるようになりますから、他のこと比べて焦らないことです。はいはいから一人歩きまでは、相当の幅がありますので、心配はいりません。
満1歳のお誕生日を迎える頃には、体重も生まれたときの3倍、身長は1.5倍ぐらいになっているのが普通です。体つきもかなり引き締まってきます。
一人で立つまで
立つと言うことは、赤ちゃんにとっていがいに難しいこと。伝い歩きからすぐに出来そうな気もしますが、足腰が足腰がたくましくなって、体全体のバランスがとれないと出来ません。伝い歩きを十分にしてから片手でつかまって立ち、その後ようやく出来るわけです。直立という人間の基本姿勢を身につけるのは、赤ちゃんの成長の大きな節目といえるでしょう。最初は、バランスをとるために両手をあげたり、広げたりする仕草もよく見られます。やがて体を伸ばす筋肉と曲げる筋肉のコントロールがうまくなり、突っ張っていた足はだんだんリラックスしてきます。動きがスムーズになれば一人歩きまでもう一息です。中には用心深い子もいて、つかまり立ちは出来てもなかなか壁から手が離せないこともあります。でも赤ちゃんの知能が発達したため『怖い!』と言う気持ちが芽生えたのです。ですから、無理に歩かせようとするのは禁物!大切なのは、安心させ、勇気づけてあげること。赤ちゃんにとってママは安心出来る場所なのですから、その信頼を壊さないように接してあげてください。

◇知的な発達
言葉の理解は急速に進み、『ちょうだい』等と言うとおもちゃを差し出すようになります。バイバイ等も上手になり、単なるまねから意味を分かって使うようになります。知的な発達と指先の発達が一緒になり、ブラシでとかす、電話を取る遊びなども盛んになります。立ち上がることが出来ると引き出しをあけて中身を引っ張り出す等の芸当も見せてくれます。急に出来ることが増え、大人を驚かすこともしばしばでしょう。
いたずらは大人は困ることですが、赤ちゃんにとっては、新しい発見と創造の遊びです。同時にママとの密接な関係を離れて巣立っていくための大切なきっかけになりでしょう。小さな冒険をしてはママのとこの戻って安心する、この繰り返しで徐々に世界を広げていくわけです。危ないこと以外は存分に探索させ、赤ちゃん自身の経験を増やしてあげましょう。



©2004
BABYPARA