妊娠中ママ・育児中ママ限定の参加型育児サイト

マタニティ用品BABY用品
KIDS用品出産準備品
着メロポイント
クレジットローン

TOP


検診、出産する病院を決めよう


◇出産施設で選ぶ
ひとくちに産婦人科と言っても色々な種類があります。多くのママの場合は、一度診察を受けた受けた産科施設で出産まで見てもらいますが、行ってみて、医師や病院の雰囲気が自分と合わないと感じたら、出産まで我慢することはありませんので、転院も検討してみましょう。
人生の中でもっとも思い出に残る出産ですので、悔いの残らないように自分に合う施設を探すのも良いことだと思います。
総合病院・大学病院
医療設備が整っていて、スタッフも多くて、産婦人科以外に小児科や内科、外科なども併設されています。
糖尿病や心臓病などの合併症をもつママ、高年初産のママなどは、このように医療設備が整っている病院での出産が望ましいでしょう。分娩時に緊急のトラブルが起こっても、すぐに適切な処置をして貰える、という長所もあります。ただ、ひとつの科に数人の医師が所属しているため、毎回同じ医師に診て貰うのが難しい場合もあります。そのため、曜日によって医師を決めるなどの担当医制をとっている病院も多いようです。
また、出産はいつ始まるか予測がつかないため、検診時と分娩時では違う医師が担当する事もあります。受診する人が多ければ、診察時間が短くなることもありますが、最近は助産婦がそれをカバーするように改善されています。

産科専門病院
産科の医師が常駐しているお産専門の病院です。
産科的な異常が起こった場合もすぐに対応してもらえて、妊娠中から産後までケアが行き届いているので、安心してお産に臨めます。産科施設の充実は総合病院異常のところも多くて快適な入院生活を送れる点もポイントです。母親学級、両親学級などの指導も各病院ごとに工夫されています。
小児科が併設されている場合も多いので、未熟児分娩や胎児仮死などの際も適切に対処してくれます。産後、子供を引き続き見てもらえる点もポイントです。ただ、妊娠中に重い合併症があって、それが分娩時の急変した場合は対処に難しい場合もあります。

個人病院
診察科目を産婦人科に限定している医院です。
院長に初診から産後まで責任もって見てもらえるのが長所です。診察時間や入院中の面談なども大きな病院に比べると比較的時間が多くとれて、家庭的な温かさの中で出産できます。ただ、合併症があったり、分娩時の突発的なトラブルがあった場合には、大きな病院程、迅速な処置がとれないこともあります。緊急時には、大きな病院や近くの診療所に移送できるシステムをもっていたり、医師同士のネットワークで、緊急時に応援のスタッフが駆けつけてくれるなどシステムがある場合がほとんどです。事前に確認してみると良いでしょう。

助産院
助産師の資格を持つ人が開業していて、「入院」「出産」の設備があります。
妊産婦の数が少ないので、診察に時間をかけてくれる、助産師が細やかなケアしてくれるので体の悩みなども相談しやすい、と言うメリットがあります。助産院によってユニークな妊婦指導をしているところもあります。陣痛時は付きっきりで世話をしてもらえて、家庭的な雰囲気の中で、入院生活を送ることも出来ます。
ただし、助産師は医師ではないので、入院中や分娩時に何か異常が起こった場合は、助産時の判断で、提携している嘱託医に処置を依頼したり、近くの病院へ移送されることになります。病院とのパイプがしっかりしている助産院を選びましょう。

◇希望する分娩方法は?
産婦人科・産院によっては、出来るだけ自然に陣痛を待つ病院もあれば、積極的に誘発分娩を実践している病院もあります。会陰切開をする病院もあればしない病院。無痛分娩・水中分娩等で出産できる病院。立ち会い分娩が出来る出来ない。その病院病院で特色があるので、先輩ママや近所の人に聞いたり、雑誌やネットで調べたり、病院へ問い合わせてみたりして、自分の希望する分娩方法を行っている病院を選ぶようにしましょう。

◇評判を聞こう!
どこの病院がいいのかさっぱり見当もつかないママは、先輩ママや近所の出産経験のある人に聞いてみるのも一つの手です。自分で調べてもわからないことも病院に聞きづらいことも気軽に聞けるし、自分では気づかなかった病院選びのポイントを教えてくれるかもしれません。ただ、その人にとっては、良かった病院でも貴方の希望通りの病院とは限らないので、最終的に決めるのは、自分自身と言うことを忘れないで下さい。

◇通いやすい病院を選ぼう!
初診から出産まで、病院には何度も定期検診に通うことになるので、出来るだけ、家・職場・実家等から近い場所を選びましょう。何か異常が起きた時に素早く診断を受けられる点を考えて交通の便の良い病院を選ぶと便利です。近所に信頼のできる病院があれば、それに越したことはないですが、なかなか希望通りの病院が無い時は多少遠くても仕方ないですが、できれば1時間以内で通える病院がベストです。

◇病院選びのポイント
母子同室か別室か
入院中、母子同室だと赤ちゃんの世話に早く慣れる事は出来ますが 夜中の授乳などもあり、産後の疲れがなかなか回復しない事もあります。別室の場合はママはゆっくり休めますが、退院後赤ちゃんの世話に慣れてない、母乳を含ませる機会が少ない、などがあります。最近は、昼間が同室で夜が別室と言うところもありますが、どちらを選ぶかママ次第です。

母乳優先かミルク優先か
赤ちゃんは母乳で育てる!という意志がある人は、病院を選ぶ時点 から頭においておきましょう。人によっては初めから母乳が出にくい場合もあります。この時、あっさりミルクに切り替えるか少しずつでも母乳を飲ませるようにするか病院が配慮するかで、その後、母乳育児が続けやすいかどうかある程度決まってくることもあります。

病院までの距離は適当か?
分娩の施設はあるか?(診察だけ行うところもあります。)
緊急時の対応はどうなっているか?
医師や助産師などのスタッフは親しみやすいか?
希望する出産方法を取り入れているか?
立ち会い出産はできるか?
健診時と分娩時の医師は同じか?
母親学級はあるか?
里帰り出産でもOKか?(転院前、転院先の病院ともに)
個室か相部屋か?
健診費用や、分娩、入院費用は適当か?
新生児期の育児についての相談にのってくれるか?



©2004
BABYPARA