妊娠中ママ・育児中ママ限定の参加型育児サイト

マタニティ用品BABY用品
KIDS用品出産準備品
着メロポイント
クレジットローン

TOP


里帰り出産あれこれ


里帰り出産とは、出産前に実家に帰り、実家の近くの病院でお産をすることを言います。
初めての出産は、不安が多いもの!出産直前や分娩中に自分の家族がそばにいるとリラックスできると言うのがその理由でしょう。出産後も家事や育児を手助けしてもらえるので、体を休められると言う利点があります。
一方、パパと離れて生活するため、出産の感動や赤ちゃんの可愛さを分かち合えないのでは?と心配するママもいます。また、赤ちゃんとの生活に慣れたり、父親としての自覚が芽生えるまでに多少時間がかかってしまうこともあります。
他にも里帰り出産を希望するなら、事前に考えておかなければならないことがいくつかあります。途中で病院を変わることになるので、出産する病院の医師がそれまでの経過を把握しづらいという点です。なるべく早めに出産する病院を選んで、できれば、妊娠中期までに一度、診察を受けてから予約をしましょう。検診を担当してもらっていた医師に紹介状を書いてもらうと、より安心です。
おなかが張ったり、破水しやすい妊娠末期に移動しなければならないというデメリットがあります。妊娠の経過や生活環境は、人それぞれ異なります。里帰り出産を希望する場合は、前もって十分考えて慎重に決めましょう。

◇里帰り出産の注意ポイント
1,里帰り先の病院は遅くとも妊娠中期までには決めておきましょう!なかには、妊娠初期の時点で出産予約を締め切ってしまう病院もあります。これまで通っている病院の医師に、早めに時期や方法を相談します。
2,里帰りする時期は妊娠9ヶ月目くらいまでに。混み合う年末年始は、外した方がベター。
3,車で帰る場合は、休憩をとりながら無理ないスケジュールで。電車の場合は必ず指定席を確保して!
4,飛行機を利用する場合は、搭乗規定に注意!出産予定日28日前からは、医師の診断書と本人の確約が必要になります。予定日7日以内になると、医師が同伴しなければ搭乗できません。

里帰りの時期は、32~34週の間がベスト。それより前だとパパと離れている期間が長くなってしまいます。また、予定日直前の移動は、途中で陣痛が始まってしまう心配もありますし、体の負担にもなります。移動の交通手段は、自分の一番楽だと思う方法を選ぶことです。移動中の注意点なども含めて、医師に相談してみましょう。できればパパに付き添ってもらうと安心です。
また、念のため、里帰り直前には診察を受けておきましょう。妊娠経過にトラブルがあったり、早産の可能性がある場合には、里帰り出産の許可が出ないこともあります。そういった時は、無理せずに指示に従いましょう。
里帰り中はパパも寂しいもの。なるべくこまめに連絡を取り合いましょう。パパは、胎動を感じることもないし、2ヶ月近く赤ちゃんと離れているのですから、父親の実感もなかなかわかないでしょう。赤ちゃんの様子を詳しく報告するなど、夫婦のコミュニケーションをはかることがとても大切です。
また児ltかに任せっきりの生活に甘えてしまいがちで、里帰りした途端、運動不足になり、体重が増えてしまうママもいます。体調が良い時には、家事を積極的に手伝ったり、軽い運動をするなど、これまでの生活のリズムを崩さないようにしましょう。

◇里帰り出産のスケジュール
妊娠がわかったら
里帰り出産を希望する場合は、メリット・デメリットを頭において十分検討しましょう。里帰り出産を決めたら、妊婦検診を受ける病院と出産する病院を決めます。医師には、里帰り出産をする意向を伝えて、時期や方法など指示に従います。
里帰り先の病院が決まったら、あらかじめ連絡をとり、いつ診察を受けたらいいか入院の予約は必要か等を確認しておきましょう。出産する病院の医師や助産師と信頼関係を作っておくためにも大切です。
32~34週
検診医の診察を受けて、里帰りしても良いか確認します。里帰り先の病院へ今までの妊娠経過を伝える紹介状を書いてもらいましょう。必要なことは、母子健康手帳に記入されていますが、超音波検査など特別な検査の結果や薬の処方があった場合の特別な注意事項があるかもしれないからです。
帰省する交通手段は、できるだけ無理のない方法で。パパや家族に付き添ってもらうと安心です。実家では、なるべくこれまでの生活リズムを崩さないようにしましょう。
出産
里帰り後は、出産する病院で検診を受けます。不安な点、疑問などは医師に相談をして短い期間でも信頼関係を作ることが大切です。
無事、出産を終えたら、定期検診をしてもらっていた担当医にも出産の報告を。産後の出生届は、出生地、本籍地、居住地のいずれかの役所に提出しますが、出生通知表は、居住地の保健所に送ります。赤ちゃんの1ヶ月健診まで里帰り先の病院で受けます。
1ヶ月健診後に帰宅
赤ちゃんの発育、母胎の回復が順調で、1ヶ月健診で異常なしと言われたら自宅に戻ることができます。
帰省した時と同じように、無理のないスケジュールを立てます。大きな荷物は、今回も送ってしまいましょう。生まれたばかりの赤ちゃんを一人で連れて帰るのは大変です。パパに迎えに来てもらった方が安心です。
産後4~8週後には、帰宅して、少しずつもとの生活に戻していきましょう。



©2004
BABYPARA